最近のコメント
パブリック・ナラティブ の研修会のお知らせ
 ⇒ 笹本美鈴 (11/24)
公開事例検討会が開催されました
 ⇒ わたなべ (05/24)
 ⇒ 管理人 (05/22)
 ⇒ masa (05/20)

2017年04月16日

研修委員会は、29年度より休止とします

 宿泊研修では、定例のアンケートを取りました。
 様々な意見はありましたが、ほとんどの方が「よかった」と評し、宿泊研修もぜひ次回開催をという意見もいただきました。話を共有できる場(悩みや考えを打ち明ける機会)が求められている内容もありました。
 半面、誰かが場を作るなら参加してもいい、という“受身的な学び”の傾向が生じていると思います。これはここ数年の研修委員会の課題でもあったことです。
 基礎研修や職場開催の研修のように、形が決まった研修ではなく、会員の「自分が学びたいこと、皆と学びたいこと」を中心とした研修の企画をすること、そういった研修企画の支援をすることが、研修委員会のテーマでした。しかし、残念ながら企画の意見や参加意識向上については結果が出ず、参加者も同じメンバーが中心という状況を変えることが出来ませんでした。
 
 よって、平成 29 年度委員会体制については、こういった実情を踏まえ、来年度の開催は困難と判断しました。会員の中から、研修に対する具体的ニーズと企画実現のための参加者が見込めるまで、研修委員会は平成 28 年度をもって、“活動休止(休眠)”とする こととし、3 月の総会で会員に報告(投げかけ)をしました。
 結果、総会での意見も無く、研修委員会の休止は決定されました。

 せっかく、宿泊研修を楽しみだと言っていただけたのですが、残念です。
 今後は、それぞれの委員会で研修を企画していただくか、会として単発の研修を開催したい場合は、理事会での判断となります。
 委員会を再開したいという会員がおりましたら、これも理事会までお知らせください。
posted by ycsw at 20:19| Comment(0) | 日記

2017年01月29日

宿泊研修 終了しました

 石和の大江戸温泉物語で行われた、第一回宿泊研修は終了しました。

 参加者は・・残念ながら少なく。2日目は10名でした。今回は他の研修や国家試験の関係の行事などが重なったのも原因の一つです。
 それでも、研修の中身は充実してしました。
 まず、メインの研修は、身延山大学の楢木先生。まず「ソーシャルワークとは何か、を話せるように出来る」ことを目標に先生に講義依頼をしました。最初はソーシャルワークを自分の言葉で話し、それを参加者とセッション。そして、スーパービジョン(ピア)に繋げていく。講義をし、グループセッションを短時間で繰り返し。
社会福祉士が社会福祉士を支える。この大切さをじっくり考える2日間でした。

 さて、宿泊スタイル。これは決して遊びのためではありません。研修時間以外でも、兎に角話すこと、セッションをすることを目的に時間設定しました。研修は17時で終わり、18時半から夕食会。それぞれの紹介から様々なことを話す。21時から懇親会。会場内のカラオケボックスを借りての2時間でしたが、結局誰もカラオケをする間もなく。あちこちでミニセッションが。
 部屋に戻ってからも。話し足りない参加者は、日が変わってもひたすらSWとは何かを。
そう、SWrはタフでないと務まりません。(私は早くにダウンしました)

2日間に渡る研修。参加者からは、「なぜ今までこういうスタイルの研修が無かったのか」と。また、とある方からは、「温泉での裸の付き合いから、壁が取っ払われる」と。

と言う訳で、中身の濃い研修となりました。

IMG_0001.JPG

※アルバム形式で写真を掲示します。
宿泊研修.pdf

posted by ycsw at 22:18| Comment(0) | 研修の感想

2017年01月25日

宿泊研修の詳細です

研修日程
平成29年1月28日土曜日 13時30分受け付け開始。
14時〜オリエンテーション
    講義、グループワーク
17時終了。

1月29日日曜日 
9時〜 講義 グループワーク
11時半 総括
12時 終了 解散となります。

※研修のみでも参加出来ます。 2日分として5,000円です。

場所 石和温泉ホテル新光(大江戸温泉物語) 笛吹市石和町八田97
講師 楢木博之先生(身延山大学仏教学福祉学部准教授)
   専門分野 社会福祉学、ケアマネジメント学

宿泊での研修は、15,000円。研修+夕食は 10,000円
夜は懇親会があります。いつもはなかなか話せないことも、ここで皆さんと話してはいかがでしょうか。

   
posted by ycsw at 12:03| Comment(0) | 研修のお知らせ